探す最新の治療

歯の治療を受ける子ども

現代の矯正歯科治療のトレンドはどのようなものなのでしょうか。治療内容は矯正装置の種類によって異なり、患者の生活スタイルや希望する治療法、症例によって異なることになります。外見を気にする方は審美的に優れた矯正装置を選びますし、不正咬合の症状が重度であるのなら装置の選択肢自体が狭くなります。 最もポピュラーであり矯正歯科治療の主流とも言われているマルチブラケット法は歴史が古く、日本で普及率の高い治療法となります。マルチブラケット法は歯の表面に装着し、さまざまな症例に適合するという長所があります。現代では矯正装置の材質を目立たないセラミックに変更したり、ワイヤー自体を透明にしたりして審美性を高めることも可能となりました。 マルチブラケット法はこれからも進化し、現役の最前線で活躍しそうな矯正歯科治療法だと思います。

矯正治療を受けるためには歯科医院を探す必要があります。かかりつけの歯科医院でも治療を受けることは可能かもしれませんが、希望する矯正装置があるのなら歯科医院選びには注意しましょう。特に、特殊な矯正装置ほど取り扱っている歯科医院は少ないですから事前に確認しておくとをおすすめします。 矯正歯科治療は医師の腕と矯正装置の種類が治療に大きく影響を与えます。どちらかが悪ければ治療はうまくいきません。よって、歯科医院選びは決して妥協せず、選ぶべき理由を明確にすべきだと思います。 大まかな治療内容に関してはどの装置も大差はありませんが、治療期間中の過ごしやすさは装置によって大きく変わります。ものによっては治療期間を短縮することができる装置もあるので、厳選して適切なものを選ぶべきだと思います。